Jul 8, 2016

No.45 高畑 正幸
文具王

45_高畑正幸A

選定品 A

和裁文鎮

私の実家はかつて縫製工場をやっていて、これはその工場で型紙や布を重ねて
なぞったり裁断したりする時に使った重しなので、正確には「文鎮」ではない。
私が持っているのは実際にその工場でずっと使われていたもの。

鋳鉄の塊で小ぶりだがずしりとした重さは1.2kg。
持ちやすいハンドルで「ちょっと押さえといて!」というのにとても都合が良い。

少なくとも20年以上は何の手入れもせず使っているが全く壊れそうにない。

 

 

45_高畑正幸B

選定品 B

243マスキングテープ スリーエム

最近はデコレーションテープだと思われがちなマスキングテープだが、元々は塗装などのマスキング用。
密着性が高くしっかり貼れるのにきれいに剥がせるのはそのためだ。
私は業務用のものを普段使いのテープとして重宝している。
ちょっとした仮止めから、包装、ラベル代わりまでその用途は広く、
剥がせるからこそ気軽に使える。
小巻のディスペンサーに入れれば使い勝手抜群。気がついたら家ではほとんどこれを使っている。

Posted in 出展者ARCHIVESComments Closed 

関連記事