May 30, 2016

No.16 小田 哲也
マーケター / 株式会社アイキューブ

16_小田哲也A

選定品 A

stelton/To Go Thermo Cup

steltonのTo Go Thermo Cupは、私にとって「日用品」という言葉がピッタリのモノである。
シンプルで普遍的なカタチ、高級すぎない材質、保温性能もあまり高くない・・・
でも、とても満足して使っている。
まさに、「足るを知る」という言葉がぴったりくるプロダクトだからだ。
懐かしくも新しくも感じるカタチや材質、ゆっくりと冷めていく飲み物など、こいつをそばに
置いていると、なんとなく時の進みが穏やかになる気がする。
そして、肩の力を抜いて、ずっと付き合える気がする。
「温かいお茶を飲む」というコトに加えて、見て触れるモノが心に与えてくれる「優しさ」が
とてもいい感じのリラックスタイムを創りだしてくれるのだ。
熱い飲み物を保温するという機能は決して高くはないが、ヒトと共に過ごす「日用品」としての
性能はすこぶる高いのである。

 

 

16_小田哲也B

選定品 B

LAMY/2000 L401

4色ボールペンを常に使っている私は、長年、太くて大きく、安っぽいプラスチックで
できた商品を仕方なく使っていた。
いいペンケースや手帳を持っていても、4色ボールペンを使っている限り、そこだけが
安っぽい感じになってしまうことも半ば諦めていた。
LAMY 2000 L401を最初に見たときは、そのスリムなボディと洗練されたデザインから、
とても4色ボールペンに見えなかった。

「4色という機能」を価値として主張する商品とは逆で、「洗練されたデザイン」を一番の価値とし、
「4色という機能」は感じさせないという思想に感心させられた。
愛着が持ててこそ「私の日用品」と言える。この一本のボールペンは、
「日用品は、安価に機能を満たせば良いのではなく、心を満足させる情緒的価値こそが重要だ」と
感じさせてくれた一級品である。

Posted in 出展者ARCHIVESComments Closed 

関連記事