Aug 1, 2016

No.60 鳥居 由佳
川上村地域おこし協力隊

60_鳥居由佳A

選定品 A

お茶椀

奈良県吉野郡川上村にて、器を制作されている「いにま陶房」鈴木雄一郎氏の作品。

毎日の生活を心地よく過ごすための“普段使いの器”がコンセプト。
色合いは重厚感があるけれど、手に持つとすごく軽くて使いやすい。
空間をシンプルに彩り、食卓に溶け込む。
山の暮らしのご飯のお供です。

 

 

60_鳥居由佳B

選定品 B

吉野杉割り箸「らんちゅう」

吉野杉の端材からつくられる吉野杉割り箸「らんちゅう」

割り箸なのに、使い捨てない。
洗って繰り返し使い続けられる強度が保てるのは、
何世代にもわたり年輪がギュッと詰まるように育てられてきた吉野杉だからこそ。

毎日、ホンモノの木でお料理を口に運ぶ。
当たり前に“日本の木と暮らす”を叶えてくれる大切な存在。

Posted in 出展者ARCHIVESComments Closed 

関連記事