Jul 15, 2016

No.50 谷岡 耕一郎
器屋

50_谷岡耕一郎A

選定品 A

出西窯 モーニングカップ

2013、山陰の陶器を扱うお店 「yawn」 を始めるきっかけになった窯元、出西窯。
呉須と呼ばれるブルーの器や、飴色の器に一目惚れしてしまいました。
もちろん、呉須や飴色の器も日頃よく使うのですが、
今回はこちらの黒い釉薬のモーニングカップ。

ほぼ毎日使うのですが、カップの容量も多く、取手の上部の出っ張りに親指をかけると、
重さというストレスを和らげてくれるお気に入りのカップです。

 

 

50_谷岡耕一郎B

選定品 B

森山窯 飯椀

写真では見た事があり、綺麗だなと思っていた森山窯のカップ&ソーサーを
実際に手に取って眺めた時も一目惚れでした。
次の日には島根県大田市の窯元へ伺い、陶工の森山さんご夫婦と
お話させていただいて、器はもちろんですが、その人柄にも惹かれました。
こちらの窯元の器も日々よく使っているのですが、
多い時には1日3回使う瑠璃色の飯椀を選びました。

見て良し、使って良し、作者の人柄も良し。

Posted in 出展者ARCHIVESComments Closed 

関連記事